img_anml_flatfish

向きだけじゃない!ヒラメとカレイの違い

“左ヒラメに右カレイ”って本当? 向きだけじゃないヒラメとカレイの違い、今回は7つのポイントから比較してみたいと思います!

ヒラメとカレイの特徴を比較してみた

分類が違う!

どちらも同じカレイ目ですが、より細かく見るとヒラメはヒラメ科、カレイはカレイ科と違う科です。

ヒラメ:条鰭綱 / カレイ目 / ヒラメ科
カレイ:条鰭綱 / カレイ目 / カレイ科

向きが違う!

よく言われる”左ヒラメに右カレイ”は、日本では有効な見分け方です。

ヒラメ:(目の下に口が来るように置いたとき)左向き
カレイ:(目の下に口が来るように置いたとき)右向き

エサが違う!

同じような見た目ですが、食べているものが違います。

ヒラメ:魚、甲殻類(エビなど)や貝類
カレイ:無脊椎動物(ゴカイなど)や、小魚

口の形が違う!

食べているものが違うため、口の形も違います。

ヒラメ:大きな口、鋭い歯
カレイ:小さな口、厚い唇

大きさが違う!

例外はありますが、カレイはヒラメより大きいと言われています。

ヒラメ:カレイより大きい
カレイ:ヒラメより小さい

動きが違う!

食べるものが違うためその動きにも差があります。

ヒラメ:俊敏
カレイ:遅鈍

隠れ方が違う!

どちらも底砂に隠れるのが上手く“海の忍者”とも呼ばれていますが少し違います。

ヒラメ:擬態する(自分の体の色を周りの色に合わせる)
カレイ:砂に隠れる(目だけを出す)

違う方向を向いているだけで全く同じかと思っていたヒラメとカレイにこんな違いが…!ためになったね〜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でanml(アニマル)をフォローしよう!

Pocket