img_anml_ eto

干支(十二支)の順番覚えてる?動物の由来、時刻や方角も!

毎年年末になって「あれ、来年は何年だっけ…?」となる干支。干支(十二支)の順番、ちゃんと言えますか?今回は順番だけでなく、その対応する動物や由来、時刻や方角まで詳しくご紹介します。

干支とは?

干支(かんし、えと)は、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞のこと。十干と十二支を順番に1つずつ組み合わせた、60通りの組み合わせ(干支)があります。また、十干を省略し十二支だけで表した年(「子年」など)を指すこともあります。

十干と十二支

干支というのは十干(じっかん)と十二支の組み合わせによって決まっています。十干と十二支を順番に1つずつ組み合わせたものが干支になります。

十干

甲(こう)、乙(おつ)、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、癸(き)

十二支

子(ね、し)、丑(うし、ちゅう)、寅(とら、いん)、卯(う、ぼう)、辰(たつ、しん)、巳(み、し)、午(うま、ご)、未(ひつじ、び)、申(さる、しん)、酉(とり、ゆう)、戌(いぬ、じゅつ)、亥(い、がい)

十干(じっかん)とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸10の要素の順列のこと。1ヶ月を3週間、10日間を一区切りにして、その10日間の1日1日に名前を割り付けたものです。十二支とは、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥12の要素の順列のこと。12という数が1年の月数と同じであることから、月や方角、時刻を表すのにも用いられるようになりました。昔はこの十干と十二支組み合わせて暦日を表わしていました。

十二支と動物

もともと十二支の要素には動物の意味はなく、十二支を覚えやすくするために身近な動物が当てられたと言われています。そのためなぜこの動物なのか、という明確な理由はありません。十二支の順番については、日本の各地、中国や朝鮮半島、モンゴル、ロシアなど世界中で物語が語り継がれていますが、こちらも明確な理由はわかっていません。

十二支一覧

十二支の覚え方は、「ねーうしとらうーたつーみーうまーひつーじさるとりいーぬーいー♩」とリズムに乗って歌うこと、方角や時刻の表を見ながら図と一緒に頭に入れる方法が王道とされています。

子(ね)

訓読み:
音読み:

動物:鼠(ネズミ)
時刻:午前0時(午後11時から午前1時)
方角:

丑(うし)

訓読み:うし
音読み:ちゅう

動物:牛(ウシ)
時刻:午前2時(午前1時から午前3時)
方角:北北東

寅(とら)

訓読み:とら
音読み:いん

動物:虎(トラ)
時刻:午前4時(午前3時から午前5時)
方角:東北東

卯(う)

訓読み:
音読み:ぼう

動物:兎(ウサギ)
時刻:午前6時(午前5時から午前7時)
方角:

辰(たつ)

訓読み:たつ
音読み:しん

動物:龍(リュウ)
時刻:午前8時(午前7時から午前9時)
方角:東南東

巳(み)

訓読み:
音読み:

動物:蛇(ヘビ)
時刻:午前10時(午前9時から午前11時)
方角:南南東

午(うま)

訓読み:うま
音読み:

動物:馬(ウマ)
時刻:午後0時(午前11時から午後1時)
方角:

未(ひつじ)

訓読み:ひつじ
音読み:

動物:羊(ヒツジ)
時刻:午後2時(午後1時から午後3時)
方角:南南西

申(さる)

訓読み:さる
音読み:しん

動物:猿(サル)
時刻:午後4時(午後3時から午後5時)
方角:西南西

酉(とり)

訓読み:とり
音読み:ゆう

動物:鶏(ニワトリ)
時刻:午後6時(午後5時から午後7時)
方角:西

戌(いぬ)

訓読み:いぬ
音読み:じゅつ

動物:犬(イヌ)
時刻:午後8時(午後7時から午後9時)
方角:西北西

亥(い)

訓読み:
音読み:がい

動物:猪(イノシシ)
時刻:午後10時(午後9時から午後11時)
方角:北北西

いかがでしたか?干支に対応する動物と方角と時刻。基本的なポイントをばっちり覚えておこう〜!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でanml(アニマル)をフォローしよう!

Pocket