img_nekokagu2

大川家具「ネコ家具」の凄いとこ。

“大川家具は職人がつくる良質な家具です。その技術とセンスを証明するために「ネコ家具」をつくってみました。” – そんな強気のメッセージとともに発表された、大川家具のネコ家具。たくさんのペット家具がある中で、ネコ家具は一体どこが“凄い”のでしょうか?

ネコ家具とは?

大川市シティーセールスの一環として、市内の家具業者2社に製作を依頼して作ったネコ用の家具。気まぐれで自由奔放、だけど“居心地の良い場所”に関してはとてもこだわりのあるネコ。そんなネコさんも満足させちゃう、そしてお洒落で繊細で、人間も大満足のインテリア家具。大川家具の高い技術力を知ってもらおうと、大川市の家具職人が製作しました。

大川市?大川家具って?

470余年にわたる家具づくりの歴史がある、「家具の街・大川」職人魂(=こだわり)を持って家具づくりに携わる全ての人を「職人」と考え、その「職人」こそが暮らしを豊かにする家具を作ることができるという信念から、“職人MADE 大川家具”というコンセプトを掲げています。ネコ家具も、人間用と同様に厳選した木材に卓越した職人技で、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

ネコ家具のここがすごい!

ネコ家具は人間用の4割ほどの大きさ。小さいから作るのも楽なのでは?と思いきや、細かな細工が必要なため、人間用家具より手がかかり製作には約2カ月を要したそうです。

ネコベッド

ネコベッド

人間用との比較

サイズ:長さ73cm 幅60cm 高さ28cm
製作:立野木材工芸株式会社

こだわりポイント
板の厚み / 金具 / 手作業

本来は板の厚み27mmが規格サイズのところ、縮小サイズでもデザイン性を保つため15mmの厚さに調整。薄い板は強度が出にくく反りやすいためその点にも注意。サイズに合う金具もなく、木で作って代用(!)。人間用の家具と同様に、木の削り出しから、圧着、研磨、組み立てに至るまで、それぞれのプロが担当し手作業で制作。

ネコソファ

ネコソファ

人間用との比較

サイズ:幅80cm 奥行き34cm 高さ36cm
製作:広松木工株式会社

こだわりポイント
忠実に再現 / サンタフェ / 手作業

人間用の家具をそのまま縮小、忠実に再現。今回制作した「サンタフェ」という家具シリーズは、アメリカ西海岸で生まれた”サンタフェスタイル”を参考にしており、デザインとの相性を考え材料になる木はロッキー山脈で採れた松を使用。何十年も使い込んだような風合いを出すために加工をしていくが、木の堅さなどによって力の入れ方も変わってくるため手作業でしかできない作業。自然な味を出すには職人の技とセンスが必要!

ネコ家具紹介動画に世界が注目!

この「ネコ家具」紹介動画、インターネットの動画投稿サイトでアクセスが殺到し、再生数が43万回(18日現在)を超えました。日本だけでなく米国、フィンランドからの視聴が多かったそう。大川市から日本、日本から世界に広まっています。

【ネコ家具できました】篇

【ネコソファ】篇

【ネコベッド】篇

どこで買えるの?

こちらの「ネコ家具」はまだ販売されていないのですが、「家具がほしい」との要望も多く、市は市販に向けて市内の業者と検討に入っているとのことです。ソファとベッド、動画に出てくるチェストとテーブルの4点は大川市向島の観光・インテリア情報ステーションTERRAZZA(テラッツァ)で展示されており見ることができます。

いかがでしたか?ペット用家具はたくさんあるけれど、ボクはこうした職人さん手作りのものを長く大事にするっていうのもとてもいいと思うな。ぜひ、大切な愛猫さんには素敵なものを!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でanml(アニマル)をフォローしよう!

Pocket