img_anml_article_chinanago

チンアナゴと愉快な仲間たち

水族館の隠れた人気者、チンアナゴ。実は仲間が沢山いるって知っていましたか?ここではチンアナゴを含めた6種を、その特徴や体長、見た目などから比較してみました。

主なチンアナゴ

チンアナゴ


一番メジャーな存在なのがこの子、チンアナゴ。白色のボディに黒のブチ模様が、犬の狆(チン)に似ていることからチンアナゴという名前がつけられました。体長は30cmほどと、やや小さめ。ひょうきんな顔をしています。

親戚?チンアナゴに似ている仲間

水族館でこのチンアナゴとよく一緒に展示されていて、間違えられやすいのがこの2種。

ニシキアナゴ


オレンジ色にシマシマ模様の可愛い柄が特徴のニシキアナゴ。鮮やかな色合いから、織物の「錦」を連想してニシキアナゴと呼ばれるようになりました。チンアナゴがチンアナゴ属なのに対し、ニシキアナゴはシンジュアナゴ属。チンアナゴの柄違いかと思いきや、別種なのです!体長は40cmほどで、チンアナゴよりも面長な顔をしています。

ホワイトスポッテッドガーデンイール

一人だけ名前の全然違う、ホワイトスポッテッドガーデンイール。まだ日本名がついていないのです。白っぽく茶色っぽいボディに白の点々の入ったシンプルな柄が大人っぽい。体長は上記2種と比べると、70cmほどと大きめ。ニシキアナゴと同じジンジュアナゴ属で、面長です。

まだまだいます、珍しい仲間たち

ゼブラアナゴ

白地のボディに黒っぽい横縞で、シマウマみたいな柄が特徴のゼブラアナゴ。
環境省版海洋生物レッドリストにて、絶滅危惧IA類に分類されています。

アキアナゴ

白地のボディでチンアナゴのように目立った斑点模様がないのがアキアナゴ。
口の周りが青っぽく、尖った黒い口をしています。

シンジュアナゴ

黒いボディに白い点が真珠をちりばめたように見えることから、シンジュアナゴと呼ばれています。
体長は1mにもなり、ガーデンイールの中でもとっても大きい!

見比べて楽しいチンアナゴ

チンアナゴ率いるガーデンイールたち。
他にもいますが、水族館で見かけたり名前を聞いたりするのはこのあたり。

水槽の中でみんなで同じ方向を向いてキョロキョロしながらプランクトンを待ったり、お隣さんと絡まってみたり、口を大きく開けてケンカしたり、見た目だけじゃなく行動も可愛いチンアナゴ(と仲間たち)。

ぜひ違いを探してみてください☆

ゆらゆらチンアナゴ〜

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でanml(アニマル)をフォローしよう!

Pocket